======☆★無料WEBセミナー開催★☆=======
開催日時:2022年1月12日(水)

19:00~20:00(18:45開場)

対象者:薬局経営者層

⇒お申込みは下部の申込フォームよりお願い致します!
====================================

■□■セミナー概要■□■

2021年9月東京商工リサーチの公表によると、2021年の調剤薬局倒産件数は、
8月末時点で22件に達し、過去最多(2004年調査以来)となりました。

  • 新型コロナウイルスの影響による受診控え等による処方箋枚数減少
  • 薬価改定などの経営環境悪化
  • 大手調剤との競合やドラッグストアとの調剤併設

などの理由により、倒産件数は増加の傾向にあります。

2022年度調剤報酬改定を目前に、
調剤薬局が生き残るためにどのようなアクションをとるべきでしょうか。

人口のピークは2008年に対し、高齢者の人口ピークは2042年が予想されています。
今後も高齢者が増え、社会保障費は常に増加の一途。
国は入院患者にメスを入れるべく、

  • 介護療養病床は廃止
  • 入退院支援や地域連携への評価の充実

など、様々な改革を行っております。
だからこそ「地域包括ケアシステムの上流に立つ」必要性があるのです。

日本は、世界と比べて圧倒的に高齢者用の住居が足りていないと言われており、
今後は、年金の金額内で入居が可能な高齢者住宅の重要が高まってきます。
そんな高齢者住宅の運営を薬局経営者が行うことで得られるメリットとは何でしょうか。

本セミナーでは、下記内容について薬局経営者の皆様へ事業展開のヒントとなるよう、ご紹介いたします。

  • 日本の未来や人口動向
  • 高齢者の推移
  • 国の対策
  • 高齢者住宅
  • 薬局が運営するメリット


ご興味のある方は、ぜひ本セミナーにご参加ください。

☆★☆こんな方におすすめ☆★☆
「地域包括ケアへの取り組みを強化しなければと考えている」
「高齢者の住まいの事業を検討したことがある」
「将来的に患者数の確保に不安がある」