こんにちは。
CBコンサルティングの田中です。

今年は梅雨入りも早く、
引き続き緊急事態宣言が出ている地域が多くあり、
非常に動きづらい日々かと存じますが、
みなさまは日々いかがお過ごしでしょうか。

大きな外出が難しい中、
事務所でコーヒー片手に、ちょっと一息ぐらいのお気持ちで
お読みいただければ幸いです。

本日は、雇用動向調査からみる事業展開のタイミングについて
書かせて頂きました。

我々は事業展開のご支援をさせて頂いているうえで、
コロナ禍以前より、コロナ禍に入ってからの方が
新規事業の展開を検討される法人が増えてきていることを
肌で感じております。

ただ、そこでみなさまが不安を口にされる一つとして、
人材の獲得が本当にできるのか?

という質問をよく頂きます。

その回答として、

私は、「今は、よりYes」だとお答えします。

理由は、このコロナ禍において医療・福祉産業への入職者数が、
全産業別の中でトップだからです。

厚労省発表の雇用動向調査データより、
コロナ禍直前期とコロナ禍になってからの入職者数データを下記に比較します。

◆令和元年度(年間)(コロナ禍直前)入職者数産業トップ3

 ①宿・飲食:1,671千人、(離職者:1,548千人)(+123千人)
 ②卸売・小売:1,539千人、(離職者:1,468千人)(+71千人)
 ③医療・福祉:1,210千人、(離職者:1,070千人)(+140千人)

◆令和2年度(上半期)(コロナ禍)

 ①医療・福祉:762千人、(離職者:668千人)(+94千人)
 ②卸売・小売:702千人、(離職者:727千人)(▲25千人)
 ③宿泊・飲食:581千人、(離職者:716千人)(▲135千人)

上記データをご覧頂ければ明らかですが、
コロナ禍直前は、宿泊・飲食産業への入職者数がトップであったのに対し、
コロナ禍になり、医療・福祉産業への入職者数がトップに入れ替わっています。

また、トップ3中では入職者数が離職者数を上回っているのは、
医療・福祉産業のみです。

コロナ禍前までは、オリンピック景気により
宿泊・飲食産業への人材流入が多く見られたことが要因だと考えられます

しかしコロナ禍になり、宿泊・飲食産業は打撃を受け、人材流入としてはマイナスとなり、
一部医療・福祉産業へ流入していると言っても過言ではないと考えられます。

医療・福祉産業の人材は年々増加してはおりますが、
コロナ禍において、医療・福祉産業への人材流入が増えていることは顕著です。

よって、この今のタイミングでしっかりと人材を確保し
事業展開へ繋げていくことはとても重要です。

そのため、この今のタイミングこそ、
人材確保するには、「よりYes」だと答えます。

実際に、ご支援させて頂いている先でも
採用計画求人数以上に応募があり、
嬉しい悩みを抱えている法人様があります。

次の展開の際に必ず声をかけるので待って頂くという状況が起きております。

ぜひ今後の経営、事業展開のヒントにしていただければ幸いです。

(ご参考)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-1/dl/kekka_gaiyo-02.pdf
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/20-2/dl/kekka_gaiyo-02.pdf


コラムいかがでしたでしょうか。

ご意見・ご感想、

また、薬局の事業戦略にまつわるご相談など

お気軽にご連絡お待ちしております。

こちらよりご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。