はじめまして。CBコンサルティングの鎮目(シズメ)と申します。

今回からコラムを投稿することになりました。

皆さんが経営をする上で抱く、ちょっとした疑問のヒントに

なるようなことを意識していきたいと思います。

今回は薬局の多角化経営について。

今年はコロナも影響し、薬局経営者からのご相談が増加しています。

その中でも多いのが、将来を見据えた事業相談について。

特によく言われるのは、「門前クリニックに依存する薬局では厳しいと、

今回のコロナでより強く感じている。」ということです。

そのため調剤事業に次ぐ事業、調剤事業と相乗効果のある事業を

検討しているという声をよく耳にするようになりました。

要は多角化経営です。

ただその必要性を明確にではなく、漠然と感じている方が多いことも事実。

コロナ禍を抜けきったら元に戻るのではないか?

だとしたら多角化経営の必要性はないのではないか?

などという期待を持っている方も多数いるのではないでしょうか。

まず考えたいのは、コロナ禍に関係なく、本当に多角化経営は必要かということ。

考える上で一つ、ある統計を以下に記載します。

▼診療所の開業数および廃業数

2017年の新規開業数・・3,696

2017年の廃業数・・3,644

少し古い情報にはなりますが、2017年の1年間では新規開業数と廃業数はほぼ同数でした。

2013年は増加数が496件だったのに対し、2017年には52件まで減少しています。

それだけ薬局の新規開業が厳しくなってきていることが想像できます。

且つ、地域別に見てみると以下です。

▼地域別 診療所増減数平均(2013年~2017年)

①北海道 ・・ 新規開業数131件 / 廃業数134件

②東 北 ・・ 新規開業数190件 / 廃業数220件

③関 東 ・・ 新規開業数1,527件 / 廃業数1,329件

④甲信越 ・・ 新規開業数97件 / 廃業数109件

⑤北 陸 ・・ 新規開業数59件 / 廃業数68件

⑥中 部 ・・ 新規開業数349件 / 廃業数322件

⑦関 西 ・・ 新規開業数746件 / 廃業数729件

⑧中 国 ・・ 新規開業数176件 / 廃業数205件

⑨四 国 ・・ 新規開業数85件 / 廃業数101件

⑩九 州 ・・ 新規開業数344件 / 廃業数354件

⑪沖 縄 ・・ 新規開業数43件 / 廃業数40件

新規開業数が廃業数を上回っているのは、関東・中部・関西・沖縄。

確実に増加し続けていると言えるのは関東くらいです。

都道府県別に見てみると、東京都が最も多く 658 増、神奈川県 300 増、愛知県 173 増、

埼玉県 170 増が次に多く、大阪府 104 増、 福岡県 100 増が比較的多いことで、

都市部に集中していることが判ります。(2017年実績)

つまり、今までのように店舗展開を行って成長をと考えられるのは

都市部が優勢ということが見て取れます。

逆に言えば、地方になればなるほど店舗展開での成長はハードルが高いことが考えられます。

長々書きましたが、都心部も都心部で経営をしていない限りは、

多角化経営を選択の一つに入れていかないと尻つぼみの可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

※都心部は都心部で、また別の課題はありますが、それはまた別の機会に。

あくまで診療所の増減数は、一つの参考情報でしかありませんが、

これだけ見ても薬局経営に変化が必要になってきていることが言えます。

少なくとも新規出店の可能性は下がっており、

門前クリニックの撤退リスクは高まっている。

それに対する一つの答えが多角化経営ということ。

多角化経営だけが答えではありませんが、少なからず変化は必要になっていると考えます。

今回のコロナ禍は、その状況を加速化させただけに過ぎません。

漠然と「経営戦略に変化が必要なのかな?」と感じている経営者の方は、

ぜひ一度、ご自身の診療圏はどうなっているのか、まずは数字で見てみることをお勧めします。

ご自身の考えが合っているか否かが明確になるので、

色々と判断しやすくなるはずです。

長くなってしまったので今回はこの辺で。

またの機会に、実際に多角化経営を考える上でのポイントを投稿したいと思います。

ちなみに参考までですが、厚労省や財務省など各省庁が出している

方向性を確認することをお勧めします。

厚労省は社会保障のビジョンを(最近ニュースでもよく出ていた言葉

「自助・互助・共助・公助」がどうなっていくか)、

財務省は多角化経営の必要性や方向性のヒントをネット上に掲載しています。

それを見るだけでも、将来を想像しやすくなるはずです。

その辺のお話はまたの機会に。


コラムいかがでしたでしょうか。

ご意見・ご感想、

また、薬局の事業戦略にまつわるご相談など

お気軽にご連絡お待ちしております。

こちらよりご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。