薬剤師が在宅に訪問した際に薬のお届けだけで帰ってくる。
当たり前のことに聞こえますが、実はビジネスチャンスがあったりします!

時給の高い薬剤師は在宅から早く戻ってきて投薬とかしてほしい。
外にいると何しているかわからずサボっているのを疑ってしまう。

そんな声も聞こえてきますが、
そんな気持ちもわかります。
なので、少しこのデータを見ていただきたい。

https://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000158.html

お盆前、8/7に国交省が平成30年度の住生活総合調査というものを発表しています。

内容としては、主に住宅自体のこととその住環境についての調査内容ですが、
私が注目した調査結果の一つに、

「高齢者世帯(単身・夫婦)が考える住宅及び居住環境に関して重要と思う項目」

というものがあります。

その重要と思う項目のトップ3は、

①日常の買い物などの利便(環境)34.3%
②地震時の安全性(住宅)31.3%
③治安(環境)30.8%

です。

この「重要と思う項目」から、
地域の薬局として、できることがあるのではないでしょうか。

まず、①の買い物の利便性についてです。

利便性が重要であるということから考えれることは、
裏を返せば、不便に感じることがある。
と捉えることができます。
つまり、不便だと感じる場所まで買いに行かなければならない環境である。
ということです。

対物から対人へ薬剤師がかかりつけとなり、
施設や居宅へ訪問する機会がある増える中で、
買いたいもののニーズを探り、提供するための窓口となることができるのではないでしょうか。

ドラッグストアには勝てないよ。なんて思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
ドラッグストアには足を運ばなければ、購入できません。
でも、ものを自分のところまで運んでくれるのであれば、
運んでくれる方を選ぶ方は少なからずいるでしょう。

②地震時の安全性について、
こちらは、実際に薬局として対応できることは難しい内容ですが、
内容を聞いて、建築業者を紹介するなど相談窓口になれるのではないでしょうか。

③治安への不安について
こちらについては、コンビニによるセーフティステーション活動が参考になります。
例えば、
防犯・子供・女性・防災・介護・緊急事態(災害・事故・急病人等)や駆け込みに対する110番・119番通報への対応をする。
また、地域住民の緊急避難、徘徊老人や迷子の一時保護等の拠点になる。
という内容です。
店舗が地域の安全・安心の拠点になることの発信ができれば、
地域にとって、大切な存在になるはずです。

上記3つのニーズに応えるためのことで、共通して言えるのは、
自分たちが、お薬を通じ、その枠を超えて、
患者さんのニーズに応える「窓口」になることです。

また、その「窓口」になるために、何をすべきかを考え実行していくことが大事です。

地域に必要とされ、困ったときには頼ってもらえる企業となるために、
どうアクションを取っていくか。

今後の経営のヒントにして頂ければ幸いです。


コラムいかがでしたでしょうか。

ご意見・ご感想、
また、薬局の事業戦略にまつわるご相談など
お気軽にご連絡お待ちしております。

こちらよりご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。